コラム

  • おたふくかぜ(流行性耳下腺炎、ムンプス)とワクチンについて

    2016年11月1日

    おたふくかぜが山梨県で平年より多く発生しており、 甲斐市内でも流行している保育園や小学校があります。 おたふくかぜは、ひとつあるいは複数の唾液腺の腫れを特徴とする全身性疾患で、 耳のちょうど下に位置する耳下腺の腫れと痛みが最も代表的です。 感染したお子さんの約3割は、臨床的に明らかな唾液腺腫脹を示さず、 咳などの呼吸器感染の症状を示すこともあると言われています。 おたふくかぜの…続きを読む おたふくかぜ(流行性耳下腺炎、ムンプス)とワクチンについて

    続きを読む >

  • 院内処方について

    2016年10月21日

    クリニック内に小さな調剤室を設けており、 朝9時以降のほぼ7~8割の時間に薬剤師が常勤しています。 薬品在庫数は少なく、また、ジェネリック薬品を扱っていません。 多くの場合には、来院時にお薬手帳も一緒にお預かりし、 診察時に拝見し、薬歴を記載し、 服薬指導のうえ、お薬をお渡しし、手帳をお返ししています。 ご希望の場合や、処方薬が院内にない場合、 院外の調剤薬局に、在庫を確認し…続きを読む 院内処方について

    続きを読む >

  • 気になる咳、長引く咳を減らしたい

    2016年9月16日

    昨日は十五夜でしたね。 雲の切れ間から短い時間でしたが、お月様をみることができました。 さて、今朝の甲斐市はめっきり涼しくなりましたね。 お子さんで、この時期から明け方に咳こんだり、 カゼを引いたら咳が長引いたことはありませんか。 これまで「気管支が弱い」「気道が敏感」 「胸の音がゼイゼイしている」と言われたことはありませんか。 夜間の苦しそうな子どもの咳をそばで聞くのは…続きを読む 気になる咳、長引く咳を減らしたい

    続きを読む >

  • YBSテレビの「子育て日記」の収録で再会

    2016年9月13日

    YBSテレビの「子育て日記」(山梨県教育委員会育児サポート番組)に 出演させていただいたのですが、ご意見番として登場されている佐柳信夫先生とは、 ICU時代の学内サッカーリーグのチームメート(先輩)でした! 約20年振りの再会でした。 二十歳ごろの自分を振り返ったり、いろいろな出来事を思い出したりして、 とても懐かしく良い時間をいただきました。 私が登場…続きを読む YBSテレビの「子育て日記」の収録で再会

    続きを読む >

  • スギ花粉症に対する舌下免疫療法について

    2016年9月6日

    スギ花粉症に対する舌下免疫療法の治療開始は11月30日までです。 【概要】スギ花粉症に対する舌下免疫療法は、体質を改善して、スギ花粉症の症状を抑える新しい治療法です。 具体的には、アレルギーの原因物質(アレルゲン)を少しずつ体内に吸収させることで、アレルギー反応を弱めていきます。 現在、スギ花粉症を根本的に治すことができる唯一の治療法ですが、治療期間が3~5年と、根気のいる治療に…続きを読む スギ花粉症に対する舌下免疫療法について

    続きを読む >

  • 当クリニックで呼吸機能検査ができます。

    2016年8月29日

    朝晩涼しくなってきましたね。 「急に涼しくなってくると咳が増える」 「秋口の明け方に咳で起きてしまう」 「冬場にカゼを引いた後は咳が長引く」といった症状を訴える方がいらっしゃいます。 そんな方は、一度、呼吸機能検査をしてみるといいと思います。 呼吸機能検査を行うことで現在の呼吸機能(状態)が分かります。 また気管支喘息(ぜんそく)などの病気が明らかになることもあります。 呼吸…続きを読む 当クリニックで呼吸機能検査ができます。

    続きを読む >

  • 6歳未満の子どもの7人に1人に食物アレルギー症状

    2016年8月25日

    厚生労働省が公表した平成27年度乳幼児栄養調査によると、 6歳未満の子どもの7人に1人が食物アレルギーと思われる症状を起こした経験があり、 そのうち約1割は医療機関を受診していなかったことが明らかになりました。 この調査は厚労省が1985年度から10年ごとに実施しているもので、 無作為に選んだ全国1106地区の0~6歳児3871人分について 昨年9月に回答を得た結果です。 食物アレ…続きを読む 6歳未満の子どもの7人に1人に食物アレルギー症状

    続きを読む >

  • B型肝炎について~ワクチン接種への思い

    2016年8月23日

    B型肝炎ウイルスは、体に入ると肝炎をおこし、 長く肝臓にすみついて(慢性化・キャリア化)、肝硬変や肝臓がんをおこします。 毎年約2万人がかかっています。 非常に感染力が強いウイルスで、感染経路はB型肝炎を持った母親からの分娩の時に子供にうつったり(母子感染)、父親や家族や友人、ウイルスに汚染された血液の輸血や性行為などでの感染(水平感染)が知られています。 例えば、同じおもちゃで遊んだ…続きを読む B型肝炎について~ワクチン接種への思い

    続きを読む >

  • スタッフ募集しています

    2016年8月20日

    スタッフを募集しています。職種は看護師または准看護士(正職員・パート、若干名)です。甲斐市の小児科で一緒に働きませんか。詳しくはお電話ください(0551-20-3700) …続きを読む スタッフ募集しています

    続きを読む >

  • 院内処方について

    2016年8月16日

    当院は院内処方が可能です。薬剤師の妻が調剤を行っております。 私自身は、子供を連れて近くの調剤薬局へ薬をもらいに行くのがつらかった経験があり、ご希望の方にはできるだけ院内処方をするつもりです。 ただ、院内薬局は小さくて薬の種類も多くはありません。 現時点では、①院内に薬がある、②薬剤師が院内にいる、③短期の処方(およそ1週間以内)、の場合に院内処方とさせていただきます。 ご…続きを読む 院内処方について

    続きを読む >

< 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 >

Top